昔の子供は健康体!?

詠美です≧∇≦。お元気ですか?暑いですね!梅雨でむしむしですね!
梅雨明けそろそろかな~。

梅雨が明けたら本格的な夏が到来します。今年は、「電力が足りるのか・・・!?」でも「原発は稼動していない・・・」といった深刻な事態ですが、それでも構わず夏はやってきます。

そんなこんなで今年も間違いなく暑い夏がやって来るわけですが、私が小中高のときなんて、冷房なんか無く、みんな「あち~あち~」言いながら、下敷きで仰いでいましたが、それでも授業中先生に見つかったら怒られて、先生が「いまから30秒、下敷きで仰いでいいぞ~」って言うまでは、じっと我慢してなきゃいけませんでした。もちろん授業中に水を飲むなんてのはもってのほかだったのに・・・。

あの時代、「生徒が熱中症で亡くなった」と騒ぎになった記憶が無いのですが、もし今のように「熱中症で亡くなった人」が当時も同じくらいいたのであれば、隠されていただけ?さほど報道されなかっただけ?なんでしょうか。
それとも、私たち10年くらい前までの子供は、今より数段丈夫だったとか!?

当時は運動会は秋で、練習は暑い時期から始まり、校庭で練習中に倒れた人は何人か居ましたが、「あいつはひ弱」の一言で片付けられていたのに、今では「倒れることなんてあっちゃいかん!」「運動会は涼しい時季に!」なってしまいました。
登校する子供も水筒片手に行っています。私の時代は水筒なんて持ち込み禁止だったぞ!?

ひ弱だなあ~。過保護だなあ~。昔はもっと健康体だったぞ!根性もあったぞ!
もとい、時代はかわりましたねぇ~。

札幌の賃貸マンションに住む友人は「こっちは梅雨もなく夏も過ごしやすくいいよ~」って言っていたので、夏だけでもお世話になりたい・・・。

Filled under 健康づくり.